HOME > スクールブログ > The result of team Gaku-Shukan on September 1st

スクールブログ

< The result of team Gaku-Shukan on August 31th  |  一覧へ戻る  |  学力の差はどこで生まれる? >

The result of team Gaku-Shukan on September 1st

■Team Gaku-shukan(2019年度中3生)
学調対策小テスト結果(9/1)

英語平均 91.86点(前日比+4.57点)★過去最高
数学平均 100.00点(前日比+3.57点)★総員満点達成!
学調まで、残り1日!
(9/2現在)


中学3年生のみなさん
本日で学調対策が最終日になりますね。

1分1秒でも早く
学習を始めたい生徒ばかりだと思いますが
本日も以下の文を読んでください<(_ _)>


昨日までの勉強で、テスト範囲の250問中
250問の問題を解いた人
200問の問題を解いた人
150問の問題を解いた人

100点の問題を解いた人
がいるとします。


統計的には
たくさん問題を解いた人の方が
少ししか問題を解いていない人より
テストで多くの問題を解けることに
違いはないでしょう。


ただし、問題を解いても
「できる」ようにしていなければ全く話は違ってきます^^;


例えば

200問解いても、そのうちの60%しかできるようにしていなければ、
解ける問題は120問です。


150問しか解いていなくても、その100%をできるようにしていれば、
解ける問題は150問です!




すなわち

【勉強した問題数】÷【テスト範囲の問題数】=【カバー率】
【できるようにした問題数】÷【勉強した問題数】=【定着率】

とすると

得点を上げるためには
この2つの要素の積【カバー率】×【定着率】

を上げればよいということですね(^^♪


【カバー率】を上げる『勉強』は、昨日までで終了!


本日は
完成度(定着率)を上げる『学習』をしよう!


※定着率を上げる学習方法(ラーニングピラミッド)





■テスト本番の注意事項■


普段の学習成果を計るのがテストなので
基本的に普段の勉強法と同じです。


自己分析・改善シートの①②を減らせるような受験をしよう!

これまで解いたことがない
見たこともない問題に
謎解きのように時間をかけちゃいけませんよ!


これまで勉強して

できるようにしてきた問題を

確実に得点につなげましょう!


 

*********** Come on! show me your smile! ***********

ここから予約!

ルールに従って予約してください。

*********** Believe in yourself! Everything starts with your smile! ***********

Let's enjoy your learning!


*********** 「次世代型」個別指導塾がくしゅうかん at 浜松市東区和田町 ***********

 
 

< The result of team Gaku-Shukan on August 31th  |  一覧へ戻る  |  学力の差はどこで生まれる? >

このページのトップへ